無職の方がキャッシング利用する場合

無職でキャッシングの利用は可能でしょうか。まったく不可能とはいえませんが、状況によっては厳しいといえます。一番確実に借入ができるのは、収入のある家族の名義でキャッシングを行う場合です。専業主婦が夫の名義で借入を行うのがその代表例といえます。ただしこの場合、名義人がカードの支払などを延滞して、信用情報に事故情報が記録された場合には、借入ができなくなることもあります。あと、無職でも収入のある場合は借入が可能な場合があります。たとえば株の配当金があるとか、FXなどで収入がある場合は借入が可能です。後者の場合は自営業とみなされることがありますので、申込の際には確定申告書を持参するといいでしょう。
それ以外にも、フリーターなどの場合はキャッシングを利用することができます。フリーターの場合は、定収入を得ている場合は、普通の会社員やアルバイトと同じように扱われますので、本人確認と収入証明を忘れないように持って行ってください。収入証明で給与明細がない場合は、給与が振り込まれる口座の通帳を持って行くようにするといいでしょう。
また、現在は無職でも、今後就職が決まっている場合は借入ができます。その場合は入社日、就業開始日をはっきり告げるようにしてください。他にも、派遣会社に登録しておくという方法もあります。登録すれば、表面上は会社に籍を置くという格好になりますので、派遣されているいないにかかわらず、キャッシングの審査に通ることがあります。